読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

Ich will nicht eine weitere wichtige Person zu verlieren!

http://nanariku.hatenablog.com/archive/category/%E3%82%AA%E3%83%AA%E5%AD%90】←最初から見たい人、初見さんはこちらから。

注意

進撃の巨人パロ

・もはやパロじゃない

菠月は眠れない日が続いていた。眠ると夢のなかで彼は幼馴染や兄、助けられなかった人達に殺されるのだ。もはや、眠ることに恐怖を覚えていた。

(…死にたいな)

どうせ独りだ。喜ぶ人はいても悲しむ人はいないだろう。そんなことをぼんやり考えていると先輩兵の渇が飛んだ。

(…いつもと同じ。ただ巨人を狩るだけ)

うなじを削ぐ、この単純な作業を繰り返すだけ。簡単だ。

(よし、これで―)

背後で風を切る音がした。振り向けば巨人が少し離れた場所に佇んでいた。近いところにいたのに気付かないなんて。菠月は唇を噛みしめた。あいつも狩ってやる、剣を構え、ワイヤーを引っ掻ける場所を探し位置を変えた時、それは見えた。

巨人の手の中、そこに見知ったヒトが握られていた。

(あずさ、へいちょう…!?)

巨人の手の中の梓はぐったりとしている。気を失っているのだろうか、それとも―。

瞬間、梓の姿が目の前で死んでいった夘月や雹我と重なった。その時、前しか見えていなかった視界がクリアに広がった。

「――梓兵長ーっ!!」

叫び、ワイヤーを飛ばす。うまく近くの木に引っ掛かりガスを蒸かして菠月は跳んだ。

(死なせるか、もう、大切なひとを…!)

ゆっくりと、巨人の口が梓へと近づいていく。菠月はガス切れ覚悟で思い切り蒸かした。

「このっ……やろぉっ!」

思いきりうなじへ刃を走らせる。うなじを削ぎ落された巨人はぐらりと地面へ崩れ落ちた。その拍子に手からこぼれおちた梓を菠月は必死に抱きとめる。

「…うぉあっ!?」

しかし梓の体重を支えきれずバランスをくずしどさりと落ちる。

「い、てぇ…、つーか、へいちょ、おも…っ」

腕の中の梓は相変わらずぴくりとも動かない。まさか、と菠月がおそるおそる左胸へ耳をくっつける。規則正しい鼓動が菠月の鼓膜を震わせた。

「…いき、てる」

最悪の事態にはならなかった。それだけで菠月は酷く安心した。そのとき、ぅう、と呻き声をあげ、梓が身じろぎした。

「ぅ…あ…?」

ゆっくりと瞼が上がり菠月を映した。それでも意識はしっかりしているのか菠月?と問いかけた。

「…俺は…」

「巨人に喰われそうになってたんです」

「…ああ、そうだったな…」

「…梓兵長」

「なんだ」

「何故俺を助けたんですか?」

あの時、頭の冷静だった部分は背後に梓の気配を感じていた。そして、自分を助けたためにあんなことになった。

「答えてください、梓兵長」

菠月の視線を正面から受け止め、梓は言った。

「…失うのが嫌だったんだよ」

菠月は衝動的に梓の胸倉をつかんでいた。こうなるとは思わなかったのだろう。梓は目を見開いて菠月を見た。

「…俺だって!」

Ich will nicht eine weitere wichtige Person zu verlieren!

(もう大切な人を失いたくないんだよ!)

 

 

 

目覚ましました。さてさて、どうなるかな?←