読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

とある歪なこどものはなし

小説もどき ポケ擬

ハクアの話。とういかハクアの一人語り。話してる相手は…。

 

 

…あ、こんにちは。今日は何しにきたの?

…ミー?ミーは散歩。…え?迷子になってたんじゃないかって?ちがうよ、今日は散歩。…いつもだって散歩だよ。

キャプテンが合図の銃を撃ったら帰ればいいの。だからまだおはなしできるよ?

じゃあ、いつもお話してくれるから、今日はミーがおはなしするよ。そうだなぁ…。

あ、あった。いびつでかわいそうで、感情をなくしたこどものはなし。

 

 

そのこどもはね、ゆーふく?でもびんぼうでもない普通の家に生まれたの。いつも笑ってて、みんなもそのこどもも仲良しだった。

でもねでもね、そのこどものおかーさんとおとーさんはなんかそのこどもとちょっとだけ距離置いてた。…そのこどもね、ふたごのいもーとがいたんだって。生まれてすぐ、死んじゃったみたいだけど。その死んじゃった原因はおかーさんがニンシンしてるときやっちゃいけないことしたからなのに。

そんなこどもの宝物はおかーさんがつくったねこのぬいぐるみ。ずーっと抱きしめてたんだって。

…そんなこどもがいた村は、もうないの。悪い人がつぶしちゃったから。村のみんなも、みーんな死んじゃった。

…でもねでもね、そのこどもだけ、どこにもいないんだって。死体も、なにも。

 

…こんなはなし。どうどう?

え、そのこどもがどうなったか?…んーとね、そのこどもは、女の子のかっこして、ぬいぐるみ抱いて、いまもどっかにいるみたい。みんな死んじゃったからって、感情をなくして。

…ミーみたい?そう?そういえば、その村の近くのみなとにおっきい海賊船があったんだって。海賊が村を潰したってみんな言うけど、ほんとはちがうんだよ。

あ、銃の音。ミーもう行くね。またあした、会えるといーね、

「語り部のおにーさん」

 

とある歪なこどものはなし

(ただのちっぽけな、ミーのむかしばなし)

 

 

ひらがな多くて読みにくかったらごめんなさい…!相手はヘルロンドさんでした。

村潰したのはグローリアのみなさんです。ハクアは唯一の生存者。