読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

がんばれ、

小説もどき ポケ擬

緋月と翠陽と惚れたと勘違いしてるシャルビーネ

 

 

「ねえ翠陽緋月蒼星なんかあったの?」

「…は?」

聖域に呼ばれたので来てみると何故かゲンドウポーズで待っていたシャルビーネの第一声に間の抜けた声がでた。シャルビーネは真剣な顔で問いかける。彼女からすれば大事な子供なのだ。

「さっき来て『今日は用事があるから帰るのだよ!』って帰っちゃったのよ!ねぇ何があったの反抗期!?グレた!?」

「しゃ、しゃび姉すいひ死んじゃう…!」

翠陽の胸元をつかみがくがくと揺さぶるシャルビーネに緋月は止めようと腕を抑える。翠陽はぐったりと魂が抜けかけていた。

 

「友だち?」

「ああ。いつも雨のふってる海にいるんだと。多分蒼星と一緒のやつだろ?」

「うん、そうね。誰の創った子かしら…?」

うーん、とシャルビーネは考えこみ始める。彼女と同じ創造主を思い浮かべているのだろう。そしてたっぷり十分間考え込んだ結果が、わからない、だった。

まあそんなことだろうと翠陽と緋月は密かに思った。

「誰かしらー。あの子がそこまで惚れこむ相手って。会ってみたいわぁ」

「…しゃび姉、惚れるって…」

ちがうの?とでも言いたげにシャルビーネは首をかしげた。

「…ま、いいわ。蒼星、」

 

がんばれ、

(いつか紹介しに来なさいよ)

 

シャルさん勘違いなう。