読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

都合のいい幻だ

小説もどき ポケ擬

夢現がうだうだうだ。

 

 

「―…」

空間の狭間には何もない。夢現が外に出て物を持ってきて狭間に置くことは可能である。しかし、彼女は外に出ない。

「…―♪」

膝を抱えながら小さく夢現は歌う。遠い昔、彼女が創られた時、創造者が歌ってくれた歌である。聖域の外には、他にも歌があると言っていた。

「きいてみたいなあ」

分身では物は食べられない。最近よく笑うようになったあのカイオーガスイクンがもってくる物が気になって仕方がなかった。

「…くっきー、けーき、びすけっと。たべてみたいなあ」

気になることはたくさんある。答えは、自分が一歩踏み出せばすぐそこにあることも知っている。けれど。

「…こわいよ。また、ニンゲンに捕まりそうになったら…」

きゅっと自分の身体を抱く。かたかたと震え始めた身体を安心させるように、じょじょに力をこめる。

「…だれか、いっしょにいてくれないかなあ」

夢現はそっと目を閉じた。

微かに、誰かが呼ぶような声が聞こえた気がした、けれど。それは、

 

都合のいい幻だ

(でも寂しくてたまらないんだ)

 

空間の狭間への扉はそこらへんにあるので簡単に迷い込めます←