読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

生きるための行為

小説もどき ポケ擬

サンダース♂雷坐のはなし

 

 

そこらへんに生えてる雑草をちぎって口に放り込む。噛む。飲み込む。

それを繰り返して腹を満たす。

美味くはないけど石や誰かの肉や餓えよりかはマシだ。

味がわからないのは昔からで、多分小さい時に味覚障害にでもなったのだろう。

まあ、生きるために租借、飲み込むを繰り返しているだけで味なんてどうでもいいのだが。

「…明日も、生きてるかなおれ」

まあ、生きるためにしているから多分生きてると思うけど。

生きるための行為

(死にたくないんだよ)

 

味覚障害な雷坐。マオ君とあってからひとつひとつ味わかっていけたらなあなんて