読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

私の存在価値

小説もどき ポケ擬

美也子の過去話。

 

 

 

私は、そこにいるだけ。

 

 

 

 

「…おい!なんでだよクソがっ!」

「知らねえよ、お前がこいつ攫えば金貰えるって…!」

私の目の前で男が不毛な争いをしている。

馬鹿じゃないの?私がいいところの娘だからって、誘拐して身代金とろうとしても、私が大事にされてなきゃ、とれないのにね。

「おい、お嬢様よぉ。お前の親はお前のこと、いらないらしいぜ?」

「はははは!かわいそーになぁ?」

何言ってんのよ。

「…かわいそう?何言ってんの?あはははは。かわいそうなのはそっちでしょ?お金貰えると思ってたのに貰えないんだもん!あはははは!」

目の前の男の顔が歪んでいく。それを気にせず私は叫んだ。

「私はかわいそうじゃない!だって私は」

横っ面を思いっきり殴り飛ばされる。ぱたぱたと赤い血が地面に垂れる。ぎゃあぎゃあと男が騒いで私を蹴ったり踏んだりしている。そして私を仰向けにして、私の服をつかんで

 

「…大丈夫、なわけないですよね?意識はハッキリしてますか?」

誰だ。こいつは?さっきの男じゃない。

「私はファイルンという者です。あなたは?」

「…」

柔らかい光をたたえる瞳。今まで向けられたことのない瞳に、息がつまる。

「とりあえずあなたを家に送りましょう。家は」

「殺して。私はもう家に帰れないわ」

ぽかん、と目の前の男が私を見つめる。

「私はあの家が栄えるための生贄。家が栄えるためならどんなところへでも売られるし、どんなやつにも足を開くわ」

「だって、私はお人形だもの」

そう言いきったとき、男は私を抱きしめた。あったかい。

「…あなたは、人ですよ。人形じゃない。血の通った、人です」

「あなたは、自分の意思で生きる道を決めていい。あなたは、どうしたいですか?」

私の存在価値

(生きたい、と私は初めて言った)

 

 

美也子ちゃんマジ天使。署長もマジ天使。