読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

少し遅い春

美也子と仁王が話してるだけ

 

 

「美也子ーみゃーこー」

タンタンタン。

「ねー、みゃーこってばー」

パラパラパラ。

「あっ、あそこにメイドさん!」

「いるわけないでしょう馬鹿じゃないの?」

「いだいっ!」

大きなボウルで思いっきり仁王の頭を叩く。ぐわん、と鈍い音が響く。飛び出した耳がふるふる震えて美也子は少し可愛いと思った。

「ほんと黙ってくれない?唾入るでしょ」

「何つく…あ、マドレーヌ!ちょーだ」

「駄目に決まってんでしょアホ」

甘い匂いをたてる焼き菓子に手を伸ばした仁王の耳を引っ張る。いたたたたたたっ!?と悲鳴を上げた仁王を隅に置いて美也子はマドレーヌを小さい箱に入れた。

「あ、行くの?オレも行く」

「あんたは毎日言ってるでしょ…、お願いだから私にあんた逮捕させないでね」

少し遅い春

(遅すぎる気もするけど)

 

 

美也子はなんかしら持ってギガちゃんに会いに行きます。お菓子とかお花とか。仁王は毎日のように行ってボコられてます。