読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

さよならのあとに

小説もどき ポケ擬

曖昧な神様のおしまいと残された軍人さんの話。

 

 

ぼんやりとギラティナは座り込んでいた。

働かない思考の中で、「自分」を構成するものの消滅を感じていた。

「…会いたいな―」

薄れていく自我の中で、あの青年にもう一度会いたいと願った。どうやら彼の最期の願いを聞いたらしく、足音が聞こえた。

「…ルド君だぁ」

足音が後ろで止まる。彼は気づいたのかもしれない。自分の静かな崩壊に。

「ねえルド君。こっち来てよ」

戸惑うような声が聞こえ、ゆっくりこちらにまわりギラティナの目の前に屈む。彼の目に戸惑いの光が揺らいだ。ギラティナはそっと彼、スヴェルドの唇に自身の唇を重ねた。

「ルド君、おれね、消えるの」

「…え?」

「言ってなかったけど、おれ、神様なの。…不完全、みたいでさ、おかあさんが作りなおすみたい。「ギラティナ」を」

「…わ、っけわかんね、何だよ、それ」

「ルド君、大好き」

目の前のスヴェルドの顔が歪みギラティナをにらみつけた。

「ふっざけんな!何だよそれ、意味わかんねえ…!」

ふわ、と身体が軽くなる。ああ、きえる。

「…お、俺も、好きだった…!だか、だから…!」

消えないでくれ、といつもの彼らしくない声で呟く。

「…ごめんね」

もうおれにはきみをだきしめることもできないの。

「彼」は光となって消えた。

 

 

「ん…あれ…?」

浮上した意識。それは「自分」のもので。

「あ、おはよー」

「…おかあさん…?」

にっこりと一升瓶片手に笑うのはギラティナを創った「母」。何故、が頭を埋め尽くす。

「私も吃驚。新しく創世したのに何故かアンタなんだもん」

「…」

「ま、母からいえるのは、第二の人生楽しみなさい、ってことね」

は、とギラティナは顔をあげた。彼等は。

「おかあさん、ハルト達は…?」

シャルビーネはぱちくりと目を瞬かせた。そしてふ、と笑った。

「あとで教えるわ。大丈夫。いるわ。ほら、行きなさい、あんたの大切な人、いるんでしょ?」

脳裏に浮かんだのは、あの彼。

「…うん!」

慣れた手つきで空間を開き、そのなかに滑り込む。程なく空間は元に戻った。

「…あ、名前つけるの忘れた…」

 

空間の出口に、微かに彼の姿が見えた。

「…ルド君っ!」

空間から飛び出すと同時にスヴェルドを抱きしめる。腕の中のスヴェルドはぽかん、とした顔をしている。

「おま、え…?」

「ルド君、ルド君っ!」

スヴェルドの声が震えだす。ギラティナはスヴェルドの頭を撫でた。

 

「もうおれ消えないよ、ずっと、ずっとルド君と一緒だよ」

 

 

「もう、消えんじゃねぇよ、ばか」

 

さよならのあとに

(ハッピーエンドはやってきた)

 

 

みごと両思いになって名前貰えよギラティナ

一応グローリアは壊滅してハルトは翠陽に説教されてパシられます。他のメンバーはそれなりに幸せにくらすはず((