読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

碧い月光 プロローグ 「アンハッピーバースディ」

「すべては愚かだった私たちの罪」

 

 

 

「―名前は、決まっているのかい?」

男が傍らにいた女に問いかける。女は二人の赤ん坊を抱いて愛おしそうに目を細めた。

「ええ、決まっているわ。この子が慶でこの子が司郎」

「…司郎、は洒落かい?」

「馬鹿言わないでよ、もう」

女の腕に抱かれた赤ん坊の一人は白銀の髪をしていて、いわゆる「色違い」である。

「司郎、慶、私達の大切なかわいい子。産まれてきてくれてくれてありがとう」

二人は笑い合った。だから、この後に怒る悲劇なんて、想像できなかったのである。

 

アンハッピーバースディ

(これがすべてのはじまり)