読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

終わりなんて、

くーちゃんの話とリンク…してるのかな

地獄に墜ちたスレルーグ

 

 

「う…んん…?」

鼻につく嫌なにおいでスレルーグは目を覚ました。何故だろう、自分は死んだはずなのに。主であった男が情けでもかけたのだろうか。ならばこの鼻につくにおいは何だろう。

「…何処、ここ?」

起き上がる。体が軽い。あたりは目を塞ぎたくなるような光景が広がっている。生き返ったならば家族はどこにいるのだろう。

「…シグ?ルーナ?エル?ロード?」

返事はない。不気味にスレルーグの声だけが響いた。

「…やっぱ、ウチ…死んだの?」

いやに体が軽いのも死んだのなら理解できる。

「じゃ、ここ、天国…なワケないか」

天国はきっと光があふれる楽園のはずだ。きっとそうだ。

「…地獄?」

こてんと首をかしげたが誰も答えるものはいない。だがここは地獄で正解だろう。

しばらく考えこんでいたがスレルーグは歩きだした。

「考えててもしかたないし…ま、住めば都いうし」

 

終わりなんて、

(ないよ、きっと)

 

地獄をうろつく不審者です