読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

いざ、謝罪へ

小説もどき ポケ擬

謝罪をしにいくのです。

 

 

警察の特権をフル活用してシュリーヴンが襲った人の特定をして居場所を特定するまで一時間たらず。主にダーティが頑張っていた。シュリーヴンは「ダーティ気味悪ィ…」と呟いていた。

でもでもだってとうだうだするシュリーヴンを引きずるようにしてそこへとファイルンは向かった。

 

「ファイがノックしてくれよ…」

「…あなたが蒔いた種でしょう?あなたがしなさい」

うぅ、と唸ったシュリーヴンを見てはぁ、とため息をついた。それにびくりと体を震わせたシュリーヴンは恐る恐る扉を叩いた。

「はいはーい」

奥から声が聞こえた。その声にも体を震わせるとシュリーヴンは素早くファイルンの後ろに回った。扉が開き顔を出した男は驚いた顔をした。

「…双子?」

その問いには苦笑いで返した。

 

「…いきなり、ごめんなさい、」

「シュリーヴンがすみません、ちょっとした、発作みたいなものなんです」

そう言えば男はぽかんとした顔をした。

 

いざ、謝罪へ

(シュリーヴンと私は双子、とは言えるのでしょうかね?)

 

 

警察の特権つかって探しだしました()それを人は職権乱用という。

ダーティが頑張ってたのは男が男を食う(未遂)が身近に起こったからじゃないでしょうか((