読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

本能のともだち

シュリーヴンに初めてのお友達ができた見たいです

 

 

編集部から出て署に帰って一時間、ファイルンはシュリーヴンの様子を不思議に思っていた。何だかぽやぽやしている。どうしたのだろう、ファイルンは心配になってきた。

「…シュリーヴン?どうかしたんですか?」

「…ファイ」

ぼんやりした瞳が向けられる。それは熱にうかされたように蕩けていて。

「…友達、だって」

「え?」

唐突に出てきた言葉。それの意味を飲み込むには少し時間が必要だった。

「狛、狛がな!友達になろうって!俺と、友達になろうって」

狛、とはおそらくあの男の名前であろう。もう少し長かった気がするがシュリーヴンの癖のあだ名なのだろう。

それにしても。

あの男、「狛」は伝説でもいい伝えでもイベルタルを知らないのだろうか。

「ご飯食べにいこうって、俺楽しみだなぁ」

少し前までのあのびくびくした表情はもう無かった。

 

本能のともだち

(なんだか母親になった気分です)

 

ダーティは仲間ももちろんカップルさんへの協力惜しまないから…。

え…狛犬さん非処女?なにそれおいしい