読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

本能と約束

小説もどき ポケ擬

シュリーヴンはうきうきの様です。

 

 

「ダーティこれでいいのか?」

「いいよいいよ!シューたんすらっとしてるから何でも似あうよ!あたしとしてはもう少し露出あってもいいけど」

「ダーティあんた少し黙りなさい」

シュリーヴンが身につけているのはファイルンの私服によく似た服である。ダーティが仕立てたものでサイズもぴったりである。

今日はシュリーヴンがあの襲った男、狛犬と食事をしにいく約束をしたらしく、ダーティが徹夜で頑張っていた。

「いいからダーティあんた寝てきなさいよ、あんた一週間くらい寝てないんじゃないの?」

「だいじょーぶよ美也っち、萌えのためならあたしは一ヵ月でも不眠不休でいられるわ」

目の下に隈を作ったダーティをシーアが無理矢理休憩室に連れていった。

「んじゃ、いってくるなー!」

「はいはい、気をつけてね」

シュリーヴンは今までにないくらいの笑顔だった。

 

「…あれ」

資料室で資料の整理をしていたファイルンは一つのファイルを見、疑問に思った。被害者の名が何処かで聞いたことのあるものだったからだ。

「…なんでしたっけ」

とりあえず棚にファイルを押しこんだ。

 

本能と約束

(楽しみだ!)

 

 

ファイルンが見つけたファイルは狛犬さんの事件だったり()

ダーティほんとお疲れ様です…