読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

自己再生系男子と嫌な過去

小説もどき ポケ擬

ステラはどこまで再生できるのか考える日々。

 

 

 

ようやく顔をあげてこちらを見たアンリマユに笑いかける。

「ステラの馬鹿!心配させんじゃないわよっ!」

「いだっ!!お前は一番わかってるだろ俺のこと!!」

「…今までで指ちぎれたりとかなかったじゃねーか」

ぎゃんぎゃんと騒ぐラナンキュラスに言い返せばジンがぼそりという。そりゃあそうだ。指がちぎれることなんてあの実験以来だ。

「あ、あれ…?」

マンリマユの驚いた声が聞こえて見ればステラの指先を見ている。

食いちぎられたはずの指は綺麗に再生していた。

「なんで…?」

その問いには自嘲気味に答えた。

 

「俺は人体実験でできたばけものだから」

 

自己再生系男子と嫌な過去

(ラナンキュラスとジンが悲しげに俯いた)

 

 

多分ステラは一回腕切られてる()

クオちゃんのステラがイケメンで惚れかけました