読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

本能の汚いところ

小説もどき ポケ擬

誰にも、知られたくない。知られたくなかった

 

 

 

編集部に行ったがあちらも今さっき出て行った、と言われた。

「…いれ違い?」

編集部から出てむう、とむくれた。なんてタイミングだ。とりあえず署まで戻ってみようかと歩きだした。

「…?」

きょろきょろとあたりを見回した。誰かに呼ばれたような気がしたのだ。しかし回りはシュリーヴンの知らない人ばかりでシュリーヴンの名を知らないはずなのに、呼ばれたような気がしたのだ。

「……狛?」

誘われるように近づいたのは薄暗い路地裏。聞こえたのは、小さな泣き声。

そこに狛犬はいた。腕を拘束され、泣いていた。

「……!」

さぁっと血の気が引いて頭の中でぶつりと何かが切れる音がした。

気づけば狛犬に触れていた男を思いきりぶん殴った。

「……シュリ……?」

狛犬の声が聞こえたがシュリーヴンには聞こえなかった。ただあるのは黒くどろどろした感情と、

どうしようもない、破壊衝動だった。

 

本能の汚いところ

(まだ、まだたりない)

 

 

多分シュリーヴンはこの先も狛犬さん関連のことだと性格が豹変する((

話が変わりますが弟がXを買うようで。はよ買ってゼルネアスさん捕まえんしゃい()