読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

彼にとっての神であり太陽であり神ではなく太陽でもない

咲ゴリちゃんというかなんというか

 

ああ、本当にあの人は神のようだ。

ゴミクズのような俺なんかにあの美しい顔を向けてくださる。あの美しい声で俺の名前を呼んでくださる。あの人はきっと神なのだ。

それに比べてあいつらは何なのだろう。あの方に不埒な事をする話をしている。

実に汚いとは思いませんか。まあ、俺も汚いので人の事は言えませんがね。

しかしあの方に目をかけていただけているのに、俺はいつまでたってもクズのままだ。あの方の隣に立ってもいいくらいになりたいのに。

…ああ、そんなこと実現しないなんてわかりきっている。ゴミクズはどんなに頑張ったってゴミクズのままなんだ。バラバラになったガラス細工をどうしたって、元の美しいガラス細工になるはずがないように。

そうか、ならあの方を引き立てるためのものになればいいんだ!何故今まで気付かなかったのだろう!

…え?恋仲に?俺が、あの方と?

冗談を。人間は太陽に近づけないのです。太陽に近づきすぎた哀れな人間は地に叩きつけられ死ぬのです。

俺は死ぬなら、あの方の命で死にたいのです。

それは貴方も同じでしょう?

ねぇ、大佐殿?

 

「…そうだね」

苦笑し、彼方は呟いた。

 

彼にとっての神であり太陽であり神ではなく太陽でもない

(これもきっと愛なのだ)