読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

喉が擦り切れて、血がにじんでも 

リジーのはなし

※注意※

・オリキャラ物語

・もしかしたら人によっては不快になるかも

…OK?

 鏡に映った己を見つめる。

傷だらけの体、ほどよく筋肉のついた体、タトゥー。

「…年相応、じゃないよねぇ…」

へらり、と傷のついた顔が笑う。

ああ、自分は何をやっているのだろう?銃を持って人を殺して。

 

何故血に塗れた自分が生きているのだろう?

 

「…痛い、」

腕に爪をたてる。ぎりぎりと力をこめ皮膚に食いこませる。

「痛い、痛い、痛いよ…」

腕からは血が流れ、噛みしめた唇からも一筋血が流れる。いつの間にか、涙まで流れていた。

「…おかぁさん、おとぉさん…」

いない人を呼び続ける自分はなんて滑稽なのだろうか。

 

 

「………ひとりは、いやだよ………」

 

 

喉が擦り切れて、血がにじんでも 

俺は孤独を叫び続けるのだろう。

              end

 多分遊んだりしてる同い年の子とか見た後のリジー。

こんなだけどリジーはまだ子供。甘えたいざかりなのです。