読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

独りぼっちとふたりぼっち プロローグ 「永遠を願った者の末路」

 

 

昔、遠い昔。永遠に焦がれた夫婦がいた。

夫婦は永遠を手に入れるため、神の血肉を食らった。

夫婦は念願の永遠を手に入れることができたが、食らわれた神の仲間達は夫婦に言った。

「主等は禁忌を犯した。いつか、主等が後悔する時が来るだろう」

永遠に生きる夫婦はやがて子供を授かった。

そして、月日がたち、「その時」がきた。

夫婦の肉体が朽ちた。

しかし夫婦は生きていた。

「魂」として、誰にも干渉できぬ存在として、夫婦は生きていた。

そしてようやく夫婦は理解した。

永遠という、無限の地獄を。

「ああどうか!子供達だけは!子供達だけはお許しください!」

夫婦は涙を流し神に乞うた。

しかし神は冷たく言い放った。

「永遠を望んだのは紛れもない主等だ。これも永遠だ。どうだ、うれしかろう?」

夫婦は永遠を生きる。ぽつぽつと、増えていく干渉できない子孫と共に。

そして双子が生まれた。

双子は知った。

遠い昔、自分達の先祖が犯した大罪を。

 

永遠を願った者の末路

(ああ神よ!)