読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

飛沫の恋心

蒼星と緋月が人魚姫についてはなしてるだけ。

 

 

「あ、そうせー、これ返すねー」

ふらりと蒼星の部屋にやってきた緋月はぽす、とベッドの上に一冊の本を置いた。

「…これ、結構前に貸した奴なのだよ」

「うん、わすれてた」

ごめんねー、とへにゃりと笑う緋月に呆れながら蒼星は本を棚にしまう。

忘れっぽいのは昔からだ。本が返ってきたのはむしろ喜ばしいことだ。

そう考え蒼星はため息をついた。

「ねぇそうせー」

「何なのだよ」

「どうして人魚姫は王子様に恋したの?」

思わず緋月の方を見れば緋月は真剣な目で見ている。

なぜ、人魚姫は王子に恋をしたのか。

考えたことはなかった。

「だってさ、人魚の中にも男はいるでしょ?なんでわざわざ陸地の生き物に恋するのかなーって」

「…ん、んん」

「死んでもいいくらい、好きになるものなの?一目ぼれって」

緋月がぽつりと零した。

「……きっと、」

飛沫の恋心

(きっと、人魚姫は陸地に恋をしたんだ)

 

 

よくわからない話。