読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷砂糖とアールグレイ

落書きとか小説もどきとかその日語りでもそもそもそ。

「約束するよ」なんて

ニールとたったひとりの大切な妹の話

 

 

 

この子は俺が護るんだ。どんな手を使っても、この子が笑ってくれるならそれでいいんだ。

「ほら、ベーゼ、食べろよ」

「…うん」

皿の上のパンを掴み口に運ぶベーゼを頬笑みながらニールは見つめた。そんな兄とは反対に暗く沈んでいた。

「…ねえ、お兄ちゃんは?」

問いかけられえ、と漏らすとベーゼは俯いた。

「お兄ちゃんは、ご飯食べないの?」

「あ…」

ベーゼの問いかけに言いよどむとベーゼはニールに半分にちぎったパンを差し出した。

「…こんなに食べれないからさ、お兄ちゃんにあげる」

「…ああ」

ニールがパンをかじったのを見てベーゼもパンをかじった。

「…ねえお兄ちゃん」

「なんだ?」

「私のことはいいから、危ない事はしないで、お願い」

ニールは少し驚いた顔をした後、ほほ笑んだ。

「ああ、約束する」

 

「…約束したじゃない…」

一人きりの部屋でぽつりとベーゼは呟いた。

「お兄ちゃんの嘘つき、」

 

「約束するよ」なんて

(まもってくれたこと、一度もないよ)

 

 

一人で背負いこみすぎなニールと心配なベーゼちゃん